ビールがうまく出ないのですが、どうすればよいですか。
ビールが出ない、出が悪い原因といたしまして下記のような理由が考えられます。

ビールおよび炭酸ガスが残っていない可能性が考えられます。
PETビアボトル内にビール、炭酸ガスが残っているか確認してください。
ビールおよび炭酸ガスが残っていない場合、ビールが抽出できない、出が悪くなります。
>炭酸ガスの残量を確認する方法

なお、炭酸ガスカートリッジには高圧な炭酸ガスが充填されております。
炭酸ガスが残った状態で炭酸ガスホルダーを緩めたり、取り外したりした場合には、急な炭酸ガスの噴出や稀にホルダー・炭酸ガスカートリッジが高速で飛び出し、人体への重大な傷害や器物破損に繋がる恐れがございます。
また、ガスユニットに取り付ける炭酸ガスカートリッジは、お手元のホルダーの色に応じて2種類あります。それぞれの炭酸ガスカートリッジに対応するホルダーの色が異なるため、 ご使用前に必ず、お手元のホルダーの色と、使用する炭酸ガスカートリッジの組み合わせのご確認が必要となります。
指定の組み合わせパターンと異なる、ホルダーまたは炭酸ガスカートリッジがお手元にある場合、絶対にガスユニットへの取り付けを行わず、ページ下部の「キリンホームタップお客様センター」までご連絡ください。
下記リンク内に記載の取り扱い方法を必ずお守りいただき、ガスユニット及び炭酸ガスカートリッジの取り付け・取り外しをお願いいたします。


↓【必ずお読みください】↓
炭酸ガスカートリッジのお取り扱いについて(動画あり)

【炭酸ガスカートリッジのお取り扱い方法に関する
以下の動画もご確認ください。】


備品の接続・取り付け不備の可能性が考えられます。
ビアラインキャップのチューブは折れ曲がらないようにセットしてください。
チューブが折れて閉塞した場合、炭酸ガスが供給されずビールが注出できません。
>ビアラインチューブの取り付け方法を確認する
ストローのとがっている方を下にしてビアラインキャップにしっかりと差し込んでください。

ご質問の内容は解決しましたか?

ご協力ありがとうございました。

キリン ホームタップお客様センター

ビアラインチューブの取り付け方法

注ぎ口にビアラインチューブをすべて挿し込まず、チューブにたるみができるよう挿してください。

ビアラインチューブが注ぎ口から1cm程度出ている状態が正しい状態となります。

ビアラインチューブを注ぎ口に挿した後、チューブをチューブ固定部の溝に沿わせて設置してください。
チューブが浮いた状態(下記図①)や折れている状態(下記図②)は、液だれや泡が多い原因となります。

ビアラインチューブ設置後、先端からチューブを押し込んだり(下記図①)、
引っ張りすぎたり(下記図②)すると、液だれや泡だらけの原因となります。
※チューブが出過ぎてしまったり、押し込みすぎてしまった場合はSTEP1からやり直ししてください。