炭酸ガスユニットに設置した炭酸ガスが残っています。保管方法を教えてください。
ビールを飲み終わった後、炭酸ガスが残っている場合は、空のPETビアボトルを取り出していただき、 炭酸ガスカートリッジはガスユニットに設置したまま サーバーの蓋を閉めて保管してください。PETビアボトルの交換以外でビールサーバーの上蓋を開け閉めされますと、 炭酸ガスが足りなくなることがございますのでご注意ください。

なお、炭酸ガスカートリッジには高圧な炭酸ガスが充填されております。
炭酸ガスが残った状態で炭酸ガスホルダーを緩めたり、取り外したりした場合には、急な炭酸ガスの噴出や稀にホルダー・炭酸ガスカートリッジが高速で飛び出し、人体への重大な傷害や器物破損に繋がる恐れがございます。
また、ガスユニットに取り付ける炭酸ガスカートリッジは、お手元のホルダーの色に応じて2種類あります。それぞれの炭酸ガスカートリッジに対応するホルダーの色が異なるため、 ご使用前に必ず、お手元のホルダーの色と、使用する炭酸ガスカートリッジの組み合わせのご確認が必要となります。
指定の組み合わせパターンと異なる、ホルダーまたは炭酸ガスカートリッジがお手元にある場合、絶対にガスユニットへの取り付けを行わず、ページ下部の「キリンホームタップお客様センター」までご連絡ください。
下記リンク内に記載の取り扱い方法を必ずお守りいただき、ガスユニット及び炭酸ガスカートリッジの取り付け・取り外しをお願いいたします。


↓【必ずお読みください】↓
炭酸ガスカートリッジのお取り扱いについて(動画あり)

【炭酸ガスカートリッジのお取り扱い方法に関する
以下の動画もご確認ください。】

ご質問の内容は解決しましたか?

ご協力ありがとうございました。

キリン ホームタップお客様センター