よろこびがつなぐ世界へ KIRIN
KIRIN New Beer Experience Home Tap

プレ会員登録(無料)
一番搾りプレミアム 商品画像 国産※本品は、加熱処理をしており⽣ビールではございません。一番搾りプレミアム 商品画像

一番搾り

  • 通年商品

一番搾りプレミアム

アルコール分:5.5% / 内容量:1,000ml
原材料名:麦芽(外国製造又は国内製造(5%未満))、ホップ
※東北産ホップ「IBUKI」の第一等品を使用

麦のうまみと華やかな香りが調和した、深く豊かな
ギフトや一部のお店でしかお目にかかれないビールがお自宅で愉しめます!

贅沢な「⼀番搾り⻨汁」を使⽤

おいしさの秘密は、「⼀番搾り®製法」。「もろみ」から最初に流れ出る⼀番搾り⻨汁だけを使⽤する贅沢な作り⽅で上品な⻨のうまみをたっぷりと味わえます。

記事画像

厳選した第⼀等品の
東北産ホップ「IBUKI」を使⽤

「⼀番搾りプレミアム」には、100年にわたるキリンのホップ栽培の歴史が育んだ、⽇本⽣まれの⾹り⾼いホップ「IBUKI」をふんだんに使⽤しています。仕込みの段階に加え、発酵過程でも漬け込むこだわりの製法を採⽤。さらに、ホップの使⽤量と配合を最適化し、より深く豊かな⾹りを実現しました。

記事画像

「泡までおいしい!」を追求しました

泡にはホップの苦み成分がくっつきやすいため、⼀般的なビールだと泡を苦く感じる⽅が多いようです。ですが、「⼀番搾りプレミアム」の泡はまろやか。その秘密は、仕込み段階に加え発酵段階でもホップを漬け込むこだわりの製法にあります。ホームタップサーバーから注ぐ泡はとってもクリーミー。ぜひ泡までお愉しみください。

記事画像記事画像

“Tank to Glass”で
できたて品質をお届け

まるで⼯場のタンクのタップから直接グラスに注いで飲むように、『新鮮でおいしい状態でお届けしたい』というこだわりが“Tank to Glass”。⼯場では、ビールの新鮮な味わいを閉じ込めるため、速やかにホームタップ専⽤のペットボトルに注⼊。このペットボトルも、ビールの品質を劣化させる要因の⼀つである「酸素」の透過を防ぐ独⾃のコーティングを施した特別品です。

記事画像記事画像

ホームタップの定番ビールだから、
納得するまでこだわりました

「KIRINの看板ビールである⼀番搾りの良さを保ちながら、ホームタップと組み合わせたとき、⼝の中で上質な⾹りを感じられるビールを⽬指して開発しました。〝⼀番搾りプレミアム〟は幅広い料理との“調和”をお愉しみいただくことにこだわり、ホップの使⽤量や配合などをとことん考え尽くしました。これからも極上のビールをお届けし、みなさまと⼀緒に極上の⼀杯を⽣み出していきます。」

記事画像記事画像
マーケティング部 商品開発研究所所属
副所⻑ 千葉 一弘

HOW TO ENJOY

実は、さまざまな愉しみ⽅があるのです!

  • 1
    そのままの味を堪能できる
    おすすめスタイル

    グラスをなるべく斜めに傾けて、グラスの内側に静かにビール液を沿わせるようにします。タップはためらわずに⼀気に倒しましょう。途中まで注いだら⼀旦タップを戻し、泡が落ち着くまでしばらく待ちます。上部の粗い泡が消えてきたら、頃合いを⾒て再びタップを倒して注ぎ、きめ細かい泡を乗せていきます。

    ビールの注ぎ方
  • 2
    まろやかに仕上がる三度注ぎ

    ビールの苦み成分は、炭酸ガスとともに泡へと移っていきます。そのため、泡を⽴てるように注ぐとビールの味わいがまろやかに変⾝!
    ①注ぎ⼝とグラスを離して、グラスの底に勢いよく当てるように注ぎ、②液体と泡が1対1になったらさらに注ぐ、を繰り返します。③細かな泡を盛り上げるように注げば完成。

    ビールの注ぎ方
  • 3
    泡だけを注ぐスタイルで
    コクと⽢さを堪能

    クリーミーな泡が⾃慢の「⼀番搾りプレミアム」。会員さまから「泡だけすくって⾷べています」というお声が届いています。実は、グラスのほとんどを泡で埋め尽くす飲み⽅は、チェコでは「ミルコ」と呼ばれています。時間が経つと泡の部分が液体に戻り、三度注ぎと同じくまろやかな味わいを堪能できるのも魅力です。

  • 4
    グラスのチョイスで
    ⾹りや味わいの変化を愉しむ

    「⼀番搾りプレミアム」の華やかな⾹りを逃さずに愉しむためには、飲み⼝が丸みがかったグラスがおすすめです。広⼝タイプを選べば、料理に合わせやすい⾹り控えめの味わいに仕上がります。飲み⼝がやや狭くなったグラスを選べば、スッキリとシャープな味わいに。シーンに合わせてグラスをチョイスしてみてください。

    グラスのチョイスによる香りや味わいの変化:華やかな香り、香り抑えめ、シャープな味

PAIRING

料理とのペアリングも愉しめる!

ペアリング画像
おもてなしにピッタリ
豚と彩り野菜のスパイシー
オーブン焼きレシピ

オーブンにお任せOK!
スパイスを効かせた豚肉や色とりどりの野菜が、
「一番搾りプレミアム」にピッタリのおつまみに!

〈材料〉
<A>
・ 豚肩ロース(塊) 400〜500g
・ にんにくすりおろし 2かけ分
・ チリパウダー 小さじ2
・ 白ワインビネガー(酢) 大さじ3
・ 塩 小さじ3/4
・ こしょう 適量
・ ローリエ 2枚
・ オリーブオイル 大さじ1

<B>
・ じゃがいも 適量
・ 紫たまねぎ 適量
・ マッシュルーム 適量

<C>
・ パプリカ(黄) 適量
・ ミニトマト 適量
・ オリーブオイル 適量
・ クレソン 適量
・ 塩 適量

◎下ごしらえ 紫玉ねぎは大き目のくし切り、パプリカは乱切り、マッシュルームは半分に切る。

〈作り⽅〉
①じゃがいもは大き目の一口大に切り、水でぬらし、耐熱ボウルに入れてラップをして600Wで5分加熱する。
②ポリ袋にAを入れて、常温に戻した豚肉を入れて揉み込み15分以上おく。
③耐熱皿(天板)に豚肉、Bをのせ、Aの汁、オリーブオイルをかけて230度に余熱しておいたオーブンで20分焼く。Cをのせさらに10分ほど、豚肉に火が通るまで焼く。
クレソンを添え、塩をふる。

ビールサーバーのある暮らしをはじめませんか。毎月2回のお届け。いつでも自由に、特別なビールを。月額¥8,250(税込)~