日経ビジネス

ついに本格展開!会員制 生ビールサービスで新たな市場を切り拓く「キリン ホームタップ」の挑戦

3月8日、キリンビールは都内で事業方針発表会を開催した。
そこで明かされたのが、「キリン ホームタップ」の本格サービス展開と、この事業にかける同社の情熱だ。
キリンの新たな挑戦に、森永卓郎氏が切り込む。

経済アナリスト/獨協大学経済学部教授 森永卓郎氏
経済アナリスト/獨協大学経済学部教授 森永卓郎氏

新たなビール体験で市場の活性化を狙う

「キリン ホームタップ」は、キリンビールの会員制 生ビールサービス。月2回ペットボトルで新鮮な生ビールのおいしさをお届け。専用のビールサーバーで注ぐことで、本格的な生ビール体験を自宅で愉しめるのが特長だ。2017年からサービスを開始し、すでに会員は3万人。97.7%*がそのおいしさに満足し、ネットでも話題となっていた。

*2019年2月会員アンケート(N=355)

そんな「キリン ホームタップ」が、いよいよ4月から本格展開となる。それに先駆けた3月8日の事業方針発表会には、多くの注目が集まった。キリンビールの布施孝之社長によれば、「ホームタップは、ビール会社としてずっとやりたかったこと」だという。背景には、「ビールを愛する全ての皆さまに理想のビールをお届けしたい」という想いがある。ビールサーバーの供給体制を含め、基盤が整った今、展開を本格化し、市場の活性化を図るのが同社の狙いだ。

経済アナリストの森永卓郎氏も、「本格的なビールをもっと手軽に飲みたいという消費者のニーズが、ライフスタイルの変化で、これまでになく高まっています。『キリン ホームタップ』は、そうしたニーズをまったく新しい生ビール体験で満たしてくれるサービス。これを数年前から準備していた同社の先見性には、驚くばかりです」と大きな関心を寄せている。

「キリン ホームタップ」は月額8,250円(税込み)から始められ、2021年中に10万人の会員獲得を目指しているという。

REPORT 「これはヒット間違いなし!」と森永卓郎氏も絶賛 キリン ホームタップのある暮らし

本格サービス展開を前に、「キリン ホームタップ」を体験した経済アナリストの森永卓郎氏。
そのおいしさとサービスの独自性にみる、家庭用ビールサーバー市場の可能性とは─?

新たなビールの愉しみ方で家での時間をさらに豊かに

働き方が大きく変わったこの一年。その変化は一時的なものではない、と森永氏は考えている。

「まず住まいのあり方が変化した。四半世紀にわたる東京一極集中から一転、昨年7月以降は7カ月連続で都内からの人口流出が続いています。リモートワークの普及により、郊外に住まいを移す人が激増しているんですね。それは、家でゆったり過ごすことの大切さや必要性に多くの人が気付いたから。そうした今のライフスタイルに、『キリン ホームタップ』のようなサービスが根付くのは必然でしょう」

家での時間を豊かにするモノやサービスにこだわる人が増えている。「キリン ホームタップ」は、まさにそのニーズに応える存在だ。4月からの本格サービス展開に際し、森永氏は「ビールの新しい可能性」に期待をかける。

「自宅でビールといえば缶ビールが定番でしたが、『キリン ホームタップ』は新鮮なおいしさの生ビールが定期的に自宅に届くサービス。専用ビールサーバーから自分で注いで好みの一杯をつくれるのも愉しい。普段は好きな缶ビールを飲む愉しさを味わいつつ、とっておきのシーンではビールサーバーから注ぎたての生ビールを堪能する。そんな新しい時代の家庭用インフラとして定着していくのではないでしょうか」

こだわりの届け方と専用ビールサーバーで“感動のおいしさ”を実現

「キリン ホームタップ」がもたらす“感動のおいしさ”も、ヒットの誘引に不可欠なポイントだ。
「つくりたての生ビールのおいしさを自宅に届けてくれることに驚きました。品質を劣化させる『酸素』の透過を防ぐ専用ペットボトルでビールが届く点も、品質に対してのこだわりが感じられます。味のインパクトは、工場見学で飲んだようなビールのおいしさそのものです」と、森永氏も手放しで絶賛する。

「ビールと泡の比率を変えながら自分好みの一杯を作れるのが楽しい」

さらにそのおいしさを自由なスタイルで愉しめるのも、「キリン ホームタップ」の醍醐味といえよう。

「これで注ぐビールは、とにかく泡がうまいんです。だから泡だけ入れてみたり、ビール液との比率を変えてみたりと、気分によって毎回工夫するのが愉しい。人目を気にせずにこんな実験ができるのも、自宅にビールサーバーがあるおかげです」

専用ビールサーバー

専用ビールサーバーは、どんなインテリアにも馴染むよう、白を基調とした丸みのあるデザイン。森永家のリビングにも、違和感なくフィットしているという。
「一日の終わりに、ソファでテレビを観ながら注ぎたてのビールを飲むのが、日々の愉しみ。ちょっと足りないかなという時も、好みの量を継ぎ足せるのでほどよく愉しめるのも、『キリン ホームタップ』だからこそ。家飲みがますます愉しくなりました」

新市場を牽引していく「キリン ホームタップ」

森永氏は、『キリン ホームタップ』の強みの一つとして、キリンビール自体がこの市場の先駆者として圧倒的なアドバンテージを持っていることにも言及している。

ライフスタイルの転換を機に、家庭用ビールサーバー市場が一気に拡大していくことも予想されるという。そうなった時、間違いなくパイオニアと呼べるのが、この「キリン ホームタップ」だ。本格サービス展開までの数年分の実績とノウハウを持つキリンビールには、圧倒的なアドバンテージがある。

価格設定についても、「本格的な生ビールが、自宅で1杯あたり385円(8Lコースの場合。1ℓ税込1,155円よりビアグラス330㎖3杯分として換算)から愉しめるところも『キリン ホームタップ』の魅力です。レンタルにより、ビールサーバーの初期費用がかからない点も、導入のしやすさにつながるのではないでしょうか」と森永氏。

「キリン ホームタップ」のさらなる普及を見据え、森永氏はキリンビールのサービス開発に向けたおいしさへの真摯な姿勢を評価している。

「先駆者だからこその高品質サービスと味わい。それを提供できることが何よりの魅力ですが、キリンビールにはビール造りで長年培ってきた技術やおいしさへのこだわりがあります。『キリン ホームタップ』が生まれたのも、そうした技術の蓄積と、お客様の声に耳を傾ける真摯な姿勢があったからこそ。今後の家庭用ビールサーバー市場においても、存分にキリンらしさを発揮することで、確実にヒットするのではないかと思います」

ビールラインナップ
定番の「一番搾りプレミアム」のほか、キリン自慢のクラフトビールなど、
バラエティ豊かな期間限定ビールをラインナップ。

ご利用料金

ビールサーバーレンタル、ご契約後ご自宅へお届けします。
毎月2回のビールのお届け送料、ビールサーバー備品は基本料金に含まれます。
ビールサーバー備品はご注文量に応じてお届けします。

  • ※1 毎月2回のビールのお届け送料、ビールサーバー備品は基本料金に含まれます。
    ビールサーバー備品はご注文量に応じてお届けします。

    ※2 1L1,265円(税込)よりビアグラス330㎖3杯分として換算。

  • ※1 毎月2回のビールのお届け送料、ビールサーバー備品は基本料金に含まれます。
    ビールサーバー備品はご注文量に応じてお届けします。

    ※2 1L1,155円(税込)よりビアグラス330㎖3杯分として換算。

1セットあたり税込220円お得!

月8本以上ご注文の方は
月4セット(8L)コースがお得です!

月2セット(4L)コース
ビール代金(一番搾りプレミアムの場合) 
1セット 税込2,530円
月4セット(8L)コース
ビール代金(一番搾りプレミアムの場合) 
1セット 税込2,310円

1年間月4セットご購入頂いた場合、
月4セットコースの方が税込10,560円お得!

※入会後、一度もスキップ(注文キャンセル)をしなかった場合